入会要領

会員の区分と特徴

(1)SPE日本支部正会員 議決権あり。SPE日本支部正会員として、年会費を納め、支部活動に参加される方。基本的にポランテイアベースでの括動に参加していく。日本支部会員として、年会費10,000円を収める。日本支部例会への参加費用免除、参加出来ない湯合も資料等の入手は出来る。conference資料はInternet からのdownloadで入手する。 特別行事(ASIA confarence,RETEC等)は追加の費用が必要な湯合がある。

(2)SPE日本支部   法人会員 議決権なし。SPE日本支部は、法人会員を賛助会員として認める。各種イベントヘ5 名まで参加出来る。  ASIA Conferenceにて発表の機会を有する。 法人会員として、年会費 100,000円 *本部への入会 年会費 (I 名分 担当者)を納める。 法人会員の内、担当者1名は正会員として会員総会における議決権を認める。 ANTEC発表の手伝いがある。 その他は正会員と同じ。

(3)SPE本部会員  議決権なし。日本支部のイベントヘは、一般の方として参加いただく。日本支部正会員の方で、本部との共同行事、支部理事等の役員を務める方等は本部会員であることが必要です。

入会は新規登録からお願いします。 登録時に会員の種類があります。会費金額が違いますので確認ください。

入金/会員関連の問い合わせは、SPE Japan Section 会員 担当 金 容薫   e-mail kim@spejapan.jp

古河電工株式会社 〒220-0073 神奈川県 横浜市西区岡野2−4−3

入金口座:みずほ銀行浜松町支店 普通口座番号1096975

名義:SPEニホンシブまたはエスピーイーニホンシブ

登録、ログインについてはここに説明があります。