20211015 「新規高機能ゴム材料および開発技術」SPE日本支部講演会

近年、新規高機能ゴム材料の開発が盛んにおこなわれております。またその開発方法も進化しており、マテリアルズインフォマティクスなど新規開発手法もゴム材料の開発に応用されつつあります。今回の講演会では、最新のゴム材料の開発動向や開発技術について、最前線でご活躍の講師をお招きし、講演していただきます。本講演会はオンライン(ZOOM)で開催します。

主催:SPE日本支部

日時:2021年10月15日(金) 13:00~17:20
場所:申し込み時に選択していただけます。
東京会場: 住友ベークライト㈱ 本社20階会議室 (TEL:03-5462-4111)
〒140-0002 東京都品川区東品川二丁目5番8号 天王洲パークサイドビル
    http://www.sumibe.co.jp/company/offices/head_office/index.html
オンライン(Zoom) *接続は12:45より可能
別途、開催日前に、Zoom入力方法をお知らせいたします。 なお、通信の安定状況により講演の配信が中断したり、画像、音声に乱れが発生する場合がありますが、返金その他の保障は致しかねます。恐縮ですが、ご了承の上お申し込みください。

13:00-13:05 主催者挨拶

13:05-14:05 
「天然ゴムのナノ海島構造の発見とその模倣ナノコンポジットの創製」
 長岡技術科学大学 河原 成元 先生
天然ゴムは、植物資源由来のナノコンポジットである。この事実は、天然ゴムがcis-1,4-ポリイソプレンであるという定説とは異なっていた。実際、天然ゴムは、タンパク質や脂質等の非ゴム成分が形成する厚さ数十nmのマトリックス(ナノマトリックス)に平均粒子径約1 mmのcis-1,4-ポリイソプレン粒子が密に分散したナノ海島構造を形成していた。ナノ海島構造のナノマトリックスには、さらに、タンパク質のナノ粒子が脂質一分子膜に分散しているナノ構造が形成されていた。本講演では、ナノ海島構造の動作原理を理解してから、ナノ海島構造を合成ゴムに形成することによる天然ゴム模倣ナノコンポジットの創製に関する研究成果を紹介する。

14:05-15:05
「HAICoLab, 人とAIとの協奏によるマテリアルズ・インフォマティクスのためのデータ駆動型研究開発」
 横浜ゴム 小石 正隆 様
横浜ゴムが推進するHAICoLab(人とAIとの協奏によるデータ駆動型研究開発)について紹介します。HAICoLabではAI活用の中心に人を位置づけることでAIが不得意な新たな発見(探索または急進的イノベーション)を成し遂げようとしています。人の気づきやひらめきを活用し、人の思考に負の影響をもたらす認知バイアスをできるだけ排除して仮説やシナリオを設定すること、さらにシミュレーションを積極的に活用することがHAICoLabの特徴です。本講演ではシミュレーションと進化計算で生成した仮想データとホワイトボックス型機械学習を活用したゴムのモルフォロジーに関する知識獲得の事例も紹介します。
15:05-15:15 休憩

15:15-16:15
「4次元X線CT法で見たゴムの破壊現象」
 住友ゴム 間下 亮 様
世界的な自動車の普及に伴いタイヤ材料の省資源化も求められており、タイヤの耐摩耗性能の向上が必要とされている。耐摩耗性能向上にはゴム材料の破壊現象を理解することが不可欠であるが、タイヤ用ゴム材料はポリマーやフィラーなど様々な材料から構成されているため、その破壊現象は複雑で未解明な部分が残されている。そこで、4次元X線CT(4D-CT)法を用いてゴムの破壊現象を観察した。その結果、ゴム材料に応じて特徴的なゴムの破壊形態が観察された。さらに詳細にゴムの破壊現象を観察するため、異なる時空間分解能での4D-CT法の開発も進めており、現状の結果についても紹介する。

16:15-17:15
「鉄道車両用防振ゴムの開発動向」
 住友理工 村谷 圭市 様
 鉄道車両は人や物を大量かつ高速に輸送できることから、世界各国で重要な交通手段となっている。近年では、更なる高速化に向けた車両の開発を各国が競って行っており、より一層利便性が高まっている。しかし、一たび車両事故が発生すると多数の死傷者が生じる可能性があり、より安全な車両を実現することが非常に重要である。鉄道車両用の防振ゴムは、多様な振動、騒音に対応し、快適な乗り心地を実現している。近年の走行性能の向上と安全性の両立化を実現すべく、従来の防振ゴム性能を維持したまま、耐久性や難燃性など新たな性能が求められている。本報告では、鉄道車両用防振ゴムの最近の開発事例について紹介する。

17:15-17:20 終わりに

【参加要領】 
参加費
SPE日本支部会員:無料(個人会員の代理出席は認められません) 
非会員:15,000円(税込み) (開催日1週間前までに指定口座へ振込いただきます) 
ここから申し込みできます。

講演会参加を上記より申し込むにはHPへのログインが必要です。ログインに先立ちHPより登録をお願いします。会員の方にはserverからユーザー名、メルアドが送られましたら、PWを入力して、ログイン出来る様に準備して下さい。 メール会員(会告をメールで入手されている無料の会員)は登録されることをお勧めします。登録は無料です。
アクセスできない場合はメールでお願いします。お名前、会社名、部署、電話、メールアドレスを下記宛へご連絡ください。
SPE 日本支部 企画担当 西辻 祥太郎(山形大学)
〒992-8510 山形県米沢市城南4-3-16 
E-mail:nishitsuji@spejapan.jp

Author: spejapan

コメントを残す